キッチンのリフォームで快適なお料理

住宅の建て方でリフォームのしやすさが変わる

新築の住宅を建てるとき、将来のことも考えて建てるか、とにかく今のことを考えるかがあります。これはケースにより様々で、どれが正しい選択かはその場では言えません。結果として何年か後になってしておいてよかった、しておけばよかったに分かれることになります。将来のことを考えるのであれば、選択肢が多くなるようにしておくのも一つの手になるでしょう。その分コストがかかることもあります。そうなると今を中心に考えてしまいます。

リフォームは建ててから早ければ10年、通常なら20年ぐらいで考えだすのかもしれません。どちらにしても結構時間が経っている時の話です。そのことを想定して建てることができるかは難しいですが、一応し易い建て方、しにくい建て方があるとされます。在来工法は比較的し易いと言われます。一般的な木造住宅です。部屋を大きくするような場合も補強の柱を入れたりすることで行えたりします。建てるときの価格自体も一般的なので選ぶことが多いです。

ツーバイフォー工法は行いにくいと言われます。柱で支えるのではなく壁で支える工法になるため部屋を広くするのは難しくなります。建てるときは建てやすくコストも安めになるのですが、将来を考えると微妙な建て方になります。

Site Recommend

Copyright (C)2017キッチンのリフォームで快適なお料理.All rights reserved.