キッチンのリフォームで快適なお料理

リフォームをするなら現在の不満を書き出す

住宅においは、建売の場合は購入時に妥協しながらのことはあったと思います。注文の場合は比較的問題を減らして建ててはいるもののそれでもすべてのことに妥協したわけではないでしょう。予算の関係で思い通りにいかなかったこともあると思います。最初の方は新しい建物に若い家族が生活することになると思いますが、10年、20年と経ってくるとその若い人たちも一定の年齢を迎えることになります。建物もそれなりに老朽化してきます。

リフォームを行おうとするなら現在の不満部分を書き出すようにしてみます。当初から思っていたこともあれば、老朽化によって古くなったところ、年齢が上がって使いづらいと思うようになったところ、見た目で汚れが目立つところなどです。この時には家族で小さいことからどんどん出していくようにします。場合によってはそれが慣れでわからなくなっていることがあるからです。家族同士が指摘し合えばどんどん問題点を出しあうことができます。

不満を書き出したらそれに優先順位を決めます。後は予算の範囲で何を行うかになります。100万円の予算があるから水回りと手すりに対して行う、この部分までならできるなどを決めることができます。順位も家族で定めます。

Copyright (C)2017キッチンのリフォームで快適なお料理.All rights reserved.