キッチンのリフォームで快適なお料理

水回りのリフォームは築後何年ぐらいが目安か

減価償却であったり耐用年数と言われることがあります。法律上だいたいこれらの機械や設備はこれくらい使えますとの目安と言われます。法律上の経費化するときに用いるものであって、それ以内で故障をしてしまうこともあれば、何年も前に償却済みの機械がまだ現役でしっかり働いてくれることもあります。使い方にもよりますし生産性などにもよります。パソコンなどはいくら使えても性能が古ければ生産性が落ちると言われているのです。

水回りのリフォームをするにあたって、築後何年ぐらいが目安とされているかがあります。これもあくまでも目安でそれ以前に故障すれば変更しないといけませんし、目安以上に使うことも可能になります。大体とすれば15年から20年ぐらい経ったときに一度考えてみるといいでしょう。明らかに水漏れが発生している、ひび割れが発生しているならこれを機会に取り替えることを考えます。使い勝手に不便を持っていなければ継続利用も考えられます。

使えるけども自分の体に対して使いづらくなることがあります。その場合はそれに応じた変更を考えてみましょう。トイレであれば和式から洋式に変更するなどはよくあることです。キッチンも使いやすくする変更があります。

Copyright (C)2017キッチンのリフォームで快適なお料理.All rights reserved.